企業情報

エンジニアスピリッツは海を越えて。
世界の金型製作をリード。

三光合成(株)

サンコウゴウセイ

三光合成(株)

業 種
製造業
事業内容
1. 合成樹脂成形品の製造並びに販売
2.機械、電子部品の製造並びに組立加工
3.合成樹脂成形用金型の設計、製造並びに販売
4.工業製品用のデザイン、設計、試作並びに販売
5.工業用ロボット、各種機械器具の自動制御装置
  の設計、製造並びに販売
6.前各号に附帯関連する一切の事業
本社所在地
富山県南砺市土生新1200番地
連絡先
TEL 0763-52-1000

会社概要

本社所在地 〒939-1698
富山県南砺市土生新1200番地
連絡先 TEL 0763-52-1000 / FAX 0763-52-1925
担当者 総務部 西村
その他の事業所 【国内事業所】
本社・テクニカルセンター/富山
営業所/東京
分室/栃木・刈谷・神戸
工場/富山・群馬・熊谷・静岡・滋賀

【海外事業所】
イギリス・シンガポール・マレーシア・タイ・中国・インドネシア・
インド・アメリカ・メキシコ・フィリピン
代表者名 代表取締役社長 黒田 健宗
従業員数 【単体】568名
【連結】2,077名(2017年5月31日現在)
設立年月日 1944年9月18日
資本金 2,885 百万円
年間売上高 【単体】22,564百万円 【連結】56,159百万円(2016年6月~2017年5月)
今後の経営計画 私たちはグローバル競争に打ち勝つため、世界最適地生産条件の実現、世界標準で最短の開発リードタイムの実現、そして世界で競争できる価格と機能性のモジュール化の実現を目指しています。「プラスチックエンジニアリングカンパニー」として新たな時代に挑戦するとともに、世界市場に向けて欧州、アジア及び北米に生産・販売拠点を展開してきました。製品設計・金型製作・成形・塗装・組立から省力化機器の製作まで一貫した生産体制を構築、磨き上げた技術力とノウハウを最大限に利用し、プラスチックの利点を極限まで引き出した製品や部品に実現させます。部署の垣根を越えて、社員一丸となって挑戦し続けてまいります。
主な取引先 アルファベット順 (自動車メーカー)
CHRYSLER・DAIHATSU(ダイハツ)・GM・HONDA(ホンダ)
LAND ROVER・Mercedes-Benz・MITSUBISHI MOTORSMAZDA(ミツビシ)・NISSAN(ニッサン)
OPEL・TOYOTA(トヨタ)・VOLVOなど
ホームページ http://www.sankogosei.co.jp/index.html

アクセスMAP

【電車の場合】
城端線 福光駅を出て、タクシーで約5分。
※城端線 山田駅は無人駅です。タクシーはなく、徒歩で30分程。
【自動車の場合】
福光ICから約2km

こんな会社です

三光合成(株)

当社は、1940年にプラスチック工業部品メーカーとして創業し、合成樹脂成形品の製造・販売およびその金型の設計・製造などを行っています。「必要な技術を必要なところへ」をモットーに、ビジネスに国境はないとの考えのもと、「中国で生産する金型の設計を富山県で行う」「イギリスで開発されたプラスチックの表面技術(高光沢技術)を日本へ導入する」など、国内外問わずお客様のご要望にお応えしています。テクニカルセンターを中心とした全世界金型調達ネットワークを駆使し、コスト・納期の面で、効率の良い企画・設計・生産・納品方式を提案。金型製作においては技術指導も行うなど、世界の金型製作をリードしています。

沿 革

【昭和】
15年/有限会社寳化學工業所を設立
19年/株式会社三光化学工業所を設立
23年/商号を三光合成樹脂工業株式会社に変更
36年/埼玉県北足立郡に吹上工場を新設
43年/関西地区の製造拠点として、子会社大阪三光合成樹脂工業株式会社を設立
48年/群馬県に群馬工場を新設
49年/関東地区の製造拠点として、子会社東京三光合成樹脂工業株式会社を設立
53年/関東地区の販売拠点として、東京営業所を新設
54年/東海地区の製造拠点として、子会社名古屋三光合成樹脂工業株式会社を設立
56年/金型製作を目的として、子会社三光精機株式会社を設立
62年/シンガポールに子会社SANKO GOSEI TECHNOLOGY(SINGAPORE) PTE.LTD.を設立
英国ランカシャー地区に子会社SANKO GOSEI UK LTD.を設立
63年/米国ノースカロライナ州に子会社RICH MOUNT INC.を設立

【平成】
2年/商号を三光合成株式会社に変更
3年/富山県に富山工場を新設
子会社三光精機株式会社と三光エンジニアリング株式会社を吸収合併し、
三光合成株式会社技術本部とする富山営業所・吹上営業所・静岡営業所・滋賀営業所を開設
6年/タイに関連会社SANKO GOSEI TECHNOLOGY(THAILAND) LTD.を設立
7年/オランダ王国に子会社SANKO NEDERLAND B.V.を設立
8年/タイに子会社SANKO TOCHEMI MANUFACTURING(THAILAND) LTD.を設立
12年/タイにSANKO TOCHEMI MANUFACTURING(THAILAND) LTD.の生産工場を新設
15年/英国に子会社SET EUROPE LTD.を設立
インドネシアに子会社PT.SANKO GOSEI TECHNOLOGY INDONESHIAを設立
中国天津市に子会社天津三華塑膠有限公司TIANJIN SANKO GOSEI LTD.を設立
16年/ジャスダック証券取引所に株式を上場
17年/中国上海市に子会社燦華合成科技貿易(上海)有限公司SHANGHAI SANKO GOSEI TECHNOLOGY LTD.を設立
マレーシアに関連会社PERMINTEX SANKO TECHNOLOGIES SDN BERHADを設立
中国広州市に子会社三華合成(広州)塑膠有限公司SANKO GOSEI ENGINEERING(GUANGZHOU) CO.LTDを設立
18年/マレーシアに関連会社PST MOULD SDN BERHADを設立
23年/インド子会社SANKO GOSEI TECHNOLOGY INDIA PVT LTD.を設立
24年/メキシコ子会社SANKO GOEI MEXICO S.A.deC.V.を設立
24年/アメリカ子会社SANKO GOSEI TECHNOLOGIES USA,INCを設立
25年/フィリピンに子会社SANKO GOSEI PHLIPPINES,INCを設立
STT(SAITC)バンコク設計事務所開設
27年/マレーシアにSANKO GOSEI TECHNOLOGY(SINGAPORE) PTE. LTD.の子会社 SANKO GOSEI TECHNOLOGY(MALAYSIA) SDN.BHDを設立
株式会社積水工機製作所の普通株式を公開買付けにより持分法適用会社から子会社化
米国子会社SANKO GOSEI TECHNOLOGIES USA, INC.が、米国成形会社Bhar Inc.の事業を譲り受け
インド関連会社 SANKO SEKISUI JRG TOOLING INDIA PVT LTD.を増資引受により子会社化
28年/子会社 積水工機製作所の商号をエスバンス株式会社に変更
インド子会社 SANKO SEKISUI JRG TOOLING INDIA PVT LTD.の商号をSANKO SVANCE JRG TOOLING INDIA PVT LTD.に変更
29年/東京証券取引所JASDAQ市場から、東京証券取引所市場第二部へ市場変更