支援制度の紹介

住まい・暮らしのための支援制度

家を買うなら南砺市で、新築でも中古でも、転入でも市内での転居でも助成があります

南砺市定住奨励金 市外からの転入 新築100万円もしくは50万円
+家族加算(1人5万円)
※申請者を除く
市民協働部
南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら
中古60万円もしくは30万円
+家族加算(1人5万円)
※申請者を除く
市内での転居 新築30万円
中古10万円
※山間過疎地域については、奨励金が1.5もしくは2倍になります。
※土地、建物とも同一名義である必要があります。
市民協働部南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら

家の購入はまだ・・・というあなたのために家賃の補助をしています

南砺市民間賃貸住宅
居住補助金
市外からの転入世帯 1万円/月(1年間) 市民協働部
南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら
市外からの転入でかつ
新婚世帯なら
2万円/月(2年間)
(2年目は1万円)
市外からの転入でかつ
学生世帯なら
2万円/月(2年間)
(高校生以下は含めません)
民間賃貸住宅入居前に
山間過疎地域に居住していた
高校生世帯なら
2万円/月(3年間)
※山間過疎地域については、補助金が1.5もしくは2倍になります。
市民協働部南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら

「空き家バンク」を利用して定住するとさらに補助金が

南砺市空き家バンク
活用促進事業
賃貸住宅改修等補助金 増築、改修等の経費の5分の1
(10万円限度)を補助
市民協働部
南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら
購入住宅改修等補助金 増築、改修等の経費の10分の1
(20万円限度)を補助
※この補助金は、南砺市定住奨励金と併せて申請することができます。
賃貸住宅片づけ補助金 対象経費の2分の1
(20万円限度)を貸主に補助
売買住宅片づけ補助金 対象経費の2分の1
(10万円限度)を売主に補助
市民協働部南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら

山間過疎地域の定住人口増加を図るため転入世帯のリフォームを助成します

南砺市転入等世帯
リフォーム助成制度
市指定山間過疎地域に世帯全員が転入して
3年を超え10年以内の既存住宅のリフォーム工事
対象費用の5分の1
(30万円を限度)
市民協働部
南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら
市民協働部南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら

高齢者の孤立防止なども目的に三世代同居住宅のリフォーム・建て替え・別棟新築を助成します

三世代同居推進住宅改修等
助成制度
三世代夫婦世帯 対象工事費の5分の1(30万円が限度)
(直系3親等以上で孫世代が夫婦の場合)
市民協働部
南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら
三世代新婚世帯 対象工事費の5分の1(100万円が限度)
(三世代夫婦世帯の内、孫世帯が結婚後
1年以内の場合)
三世代家族世帯 対象工事費の5分の1(10万円が限度)
(直系3親等以上で孫世代が夫婦でない場合)
※市指定山間過疎地域については、限度額が1.5倍もしくは2倍になります。
市民協働部南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら
三世代同居世帯奨励事業
補助制度
三世代同居住替え世帯 1万円/月(1年間) 市民協働部
南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら
三世代同居新婚世帯 2万円/月(2年間)
(2年目は1万円)
※山間過疎地域については、限度額が1.5 もしくは 2倍になります。
市民協働部南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら

就職を機に転入する際の引越し運送費用や荷造りサービス費用を助成します

ふるさと回帰転入助成 転入かつ就職した方の引越し費用 対象費用の2分の1
(10万円を限度)
市民協働部
南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら
※市指定山間過疎地域については、限度額が15万円もしくは20万円になります。
市民協働部南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら

他にも住まいと暮らしのための支援制度がたくさん

南砺市の木
利用促進事業補助金
新築・増改築に南砺市産の木材を
3立方メートル以上使用
50万円を限度に補助 ブランド戦略部農林課
TEL.0763-23-2033
詳細はこちら
※とやまの木で家づくり支援事業(富山県)も併用できます。
ブランド戦略部農林課
TEL.0763-23-2033
詳細はこちら
木造住宅
耐震改修支援事業
昭和56年5月以前の木造住宅の耐震化
部分的な改修工事も対象になります。
工事費の3分の2
(60万円限度)を補助
ふるさと整備部
都市計画課
TEL.0763-23-2022
詳細はこちら
※富山県が支援する耐震診断支援事業もあります。
ふるさと整備部都市計画課
TEL.0763-23-2022
詳細はこちら
高齢者が住みよい
住宅改善支援事業
要支援・要介護認定の
65歳以上の方
工事費の3分の2
(90万円を限度)
※所得税非課税世帯のみ
地域包括医療ケア部
地域包括ケア課
TEL.0763-23-2034
詳細はこちら
地域包括医療ケア部地域包括ケア課
TEL.0763-23-2034
詳細はこちら
在宅重度障害者
住宅改善費補助
所得税非課税世帯 90万円を限度 地域包括医療ケア部
福祉課障害福祉係
TEL.0763-23-2009
所得税課税世帯 工事費の3分の2
(90万円を限度)
地域包括医療ケア部福祉課障害福祉係
TEL.0763-23-2009
克雪住宅普及事業 落雪式 30万円(100万円以上のもの) ふるさと整備部
都市計画課
TEL.0763-23-2022
詳細はこちら
融雪式 50万円(150万円以上のもの)
※山間過疎地域内の住宅のみ対象となります。
ふるさと整備部都市計画課
TEL.0763-23-2022
詳細はこちら
住宅用太陽光発電
システム設置補助
住宅用太陽光発電システムを設置すると 5万円を補助 市民協働部
エコビレッジ推進課
TEL.0763-23-2050
詳細はこちら
市民協働部エコビレッジ推進課
TEL.0763-23-2050
詳細はこちら
ペレットストーブ等
設置補助
木質ペレットストーブや薪ストーブを設置すると 対象経費の2分の1を補助
(上限10万円)
市民協働部
エコビレッジ推進課
TEL.0763-23-2050
詳細はこちら
市民協働部エコビレッジ推進課
TEL.0763-23-2050
詳細はこちら
生ごみ処理機
購入補助
電気式生ごみ処理機を購入すると 購入金額の2分の1を補助
(上限5万円)
市民協働部
エコビレッジ推進課
TEL.0763-23-2050
詳細はこちら
市民協働部エコビレッジ推進課
TEL.0763-23-2050
詳細はこちら

仕事・働くための支援制度

市内で起業される方の事業所開設費用等必要な経費の支援をしています

事業所等開設事業 事業所等の改修費、設備設置費
補助率:2分の1以内(300万円限度)
※移住者の場合は補助率:10分の6以内(360万円限度)
ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら
経営補助事業 事業所等の賃借料、原材料購入費
補助率:2分の1以内
(賃借料月2.5万円限度、原材料購入費月1万円限度、3年以内)
雇用促進事業 人件費
補助率:2分の1以内(月2.5万円限度、1年以内)
販売促進事業 広告宣伝費用
補助率:2分の1以内(80万円限度、3年間累計)
利子補給事業 起業時に係る融資額の支払い利子
補助率:3分の2以内(30万円限度、3年間累計)
ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら

商店街の活性化を図るため空き店舗の活用を支援しています

空き店舗等改装事業 空き店舗等の改装費、設備設置費
補助率:2分の1以内(300万円限度)
※移住者の場合は補助率:10分の6以内(360万円限度)
ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら
経営補助事業 空き店舗等の賃借料、原材料購入費
補助率:2分の1以内
(賃借料月2.5万円限度、原材料購入費月1万円限度、3年以内)
雇用促進事業 人件費
補助率:2分の1以内(月2.5万円限度、1年以内)
販売促進事業 広告宣伝費用
補助率:2分の1以内(80万円限度、3年間累計)
利子補給事業 開業時に係る融資額の支払い利子
補助率:3分の2以内(30万円限度、3年間累計)
ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら

新しく南砺市で農業を始める人を応援します

農業次世代人材投資事業 準備型
就農に必要な知識・技術を習得するため、先進農家等で実施する実践研修の支援をします。
※就農開始時の年齢が45歳未満の方
給付金:150万円/年(最長2年)
ブランド戦略部農林課
TEL.0763-23-2016
詳細はこちら
経営開始型
就農直後(5年以内)の経営確立を支援をします。
※就農予定時の年齢が45歳未満の方
給付金:150万円/年(所得により減額、最長2年)
新規就農支援事業 認定新規就農者が就農に必要な知識・技術を習得するため、市内の先進農家等で実施する実践的研修を支援します。
※就農予定時の年齢が45歳以上65歳未満の方
給付金:180万円/年(1年間)
干柿就農支援事業 干柿、あんぽ柿の生産者を主とした農業を開始される方の必要な知識・技術を習得するための研修を支援します。
※就農予定時の年齢が45歳以上65歳未満の方
給付金:180万円/年(最長2年間)
なんと農村定住事業 転入者が近隣の農地を借り、自家消費用の農作物の栽培するにあたって、資材の補助や指導助言を受けることができます。
6次産業化支援融資資金利子助成 市の預託金制度により創設された市内農業協同組合の6次産業化の融資資金に対し利子助成をします。
ブランド戦略部農林課
TEL.0763-23-2016
詳細はこちら

市民の働く場の確保のため企業立地を推進しています

企業立地奨励事業助成 工場等の立地のため、用地・建物・設備を取得した場合に助成が受けられます。 ブランド戦略部
企業誘致推進室
TEL.0763-23-2017
詳細はこちら
対象業種
製造業、ソフトウェア業、情報処理サービス業、情報提供サービス業、デザイン業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業など
助成割合
新規立地の場合:投下固定資産額の7.5%~12.5%
増設の場合:投下固定資産額の5.0%~10.0%
物流業務施設立地
奨励事業助成金
倉庫、配送センターなど物流業務施設の立地のため、用地・建物・設備を取得した場合に助成が受けられます。
対象業種
製造業、道路貨物運送業、倉庫業、こん包業、卸売業、小売業
助成割合
新規立地の場合:投下固定資産額の5.0%~7.5%
増設の場合:投下固定資産額の2.5%~5.0%
雇用創出事業助成金 新規立地又は増設に伴って、南砺市民を新規雇用した場合に、一人につき30万円の助成金が受けられます。
本社立地奨励事業 本社移転に伴い新たに市民となった従業員並びに本社移転に伴う事務的経費に対して助成金が受けられます。
新たに市民となった従業員:1人につき30万円
本社移転に伴う事務的経費:全額(限度額50万円)
公有財産活用奨励事業 公有地を取得した場合、新規雇用者数により、土地の取得に対し最大で30%の助成金が受けられます。
ブランド戦略部企業誘致推進室
TEL.0763-23-2017
詳細はこちら

空き家を活用したテレワークオフィスを開設する企業等の進出を支援します

空き家テレワークオフィス
開設支援事業
空き家を活用したテレワークオフィスを開設した市外に本社を有する企業に対し、その開設及び事務所の運営に係る費用を助成します。 ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら
再生工事に係る経費、賃借料等対象経費の2分の1を補助します。
※市指定山間過疎地域に所在する場合は3分の2を補助します。
(上限 事業実施1年目100万円、事業実施2年目及び3年目50万円)
ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら

転入者の新規雇用を応援します

定住促進雇用対策事業 転入の日前5年間(市指定山間過疎地域においては1年間)市内に住所を有していなかった者を正規雇用した場合、事業主に対して奨励金を交付します。 市民協働部
南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら
新規雇用者1名につき、月給支給額の1/2(上限2万5千)を24ヶ月以内で補助
※市指定山間過疎地域に居住する者の雇用については1.5もしくは2倍の補助金となります。
また、上記の新規雇用者を獲得するための活動(会社説明会等の会場使用料や出展経費など)した事業主に対して、対象経費の1/2(上限10万円)を補助します。
市民協働部南砺で暮らしません課
TEL.0763-23-2037
詳細はこちら

伝統的工芸品の伝承を支援します

伝統的工芸品後継者育成
支援事業
伝統的工芸品を伝承するために弟子や従業員を新規に雇用した場合、雇用者に対し育成費用の一部を助成します。
研修者:年額60万円/名
補助率:2分の1以内(3年間)
ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら
対象業種
井波彫刻、越中和紙(五箇山和紙)(国指定伝統的工芸品)
ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら

小規模事業者の後継者を支援します

小規模事業者後継者
支援事業
経営を受け継ぎ、既存事業の継承又は新たな事業を展開する後継者に対し、店舗の改装費、設備又は備品購入費用、名義変更費用及び販売促進費用の一部を助成します。 ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら
対象業種
小売業、宿泊業、生活関連サービス業及び飲食業
補助率
2分の1以内(300万円限度)
※移住者の場合は補助率:10分の6以内、360万円限度
ブランド戦略部商工課
TEL.0763-23-2018
詳細はこちら

子育て・教育のための支援制度

子育てするなら南砺市で

毎月乳幼児発育相談をおこなっています
身体測定を行い、保健師や管理栄養士、助産師が個別に相談に応じています。また、新生児訪問や低体重児訪問、こんにちは赤ちゃん訪問など、保健師や助産師、母子保健推進員が育児に関する情報提供を行い、子育ての悩み等をお受けしています。電話での育児相談も実施しています。
地域包括医療ケア部健康課保健センター TEL.0763-52-1767
妊婦健診や個別アドバイスで安心のマタニティライフ
健康課では、母子健康手帳をお渡しするときに保健師や管理栄養士が妊婦さんからお話を伺い、お一人お一人にあった子育て支援プランを作成し、妊娠期間中を健やかに、そして、安心して出産を迎えられるよう支援します。このときお渡しする受診票で妊婦健診14回分の費用助成と歯科健診1回が無料で受診できます。また、必要なときには妊婦さん宅への個別訪問や個別相談を行い、お腹の赤ちゃんの健やかな成長と妊婦さん自身の健康を応援します。
地域包括医療ケア部健康課保健センター TEL.0763-52-1767
子育て支援センターは市内9箇所
就園前のお子さんを子育て中のおかあさん(おとうさん、おばあちゃん、おじいちゃん)、お子さんと一緒に子育て支援センターにお越しください。専任の職員がいますので、育児などで困ったことがあったら気軽に相談できます。また、遊具やおもちゃ、絵本などもありますので、楽しく安心して過ごしていただくことができます。
市内9箇所で、それぞれ楽しい行事や子育てに役立つ講座、専門職員による身体測定や健康教室、栄養教室等の実施、妊婦さんに役立つ情報・子育て情報の提供などを行っています。
毎月の行事は、広報「なんと」や市のホームページでもご紹介しています。
教育委員会教育部こども課 TEL.0763-23-2010

子育ての不安や負担をできるだけ軽く

不妊治療費助成 子どもを持つことを希望し、不妊治療を受けておられる夫婦に対して、その治療に要した費用の一部を1年(4月1日から翌年3月31日)につき上限30万円を限度として助成します。
体外受精、顕微受精など特定不妊治療、一般的な不妊治療や男性の検査・治療も含みます。
地域包括医療ケア部
健康課保健センター
TEL.0763-52-1767
出産支援交通費助成 南砺市内には出産できる医療機関等がないため、妊婦健診のために医療機関等へ通院される交通費の一部を助成します。
助成対象
南砺市に住所を有する、母子健康手帳の交付を受けた妊娠6か月(妊娠20週)以降の妊婦
助成額
第1子、2子 1万円
第3子以降 2万円
平・上平・利賀地域 5千円加算
産後ケア事業 ご家族などから十分な支援が受けられない方を対象に、おっぱいのこと、赤ちゃんのお世話、産後の生活リズムづくりのため、助産師が家庭を訪問し授乳指導・育児相談等を行います。
対象者
生後3か月未満の母子(早産で生まれた乳児は修正月齢とします)
個人負担
1回1,200円(非課税世帯や生活保護世帯の方は、減免します)
地域包括医療ケア部健康課保健センター
TEL.0763-52-1767
出生祝い金 お子様の誕生をお祝いするため、引き続き市内に居住される方に商工会の商品券をお渡ししています。 教育委員会教育部
こども課
TEL.0763-23-2010
または
最寄りの行政センター
第1子の児童 3万5千円(三世代同居6万5千円)
第2子の児童 10万円(三世代同居20万円)
第3子の児童 15万円(三世代同居30万円)
第4子の児童 25万円(三世代同居50万円)
第5子以降の児童 50万円(三世代同居100万円)
とやまっ子 子育て応援券 県と市の共同で、子育て支援サービス等の利用に使用できる「とやまっ子 子育て応援券」を交付しています。
交付対象
3歳未満のお子さんの保護者(兄弟姉妹にも利用できます)
応援券の金額
第1子、第2子 1万円分(500円券×20枚×1セット)
第3子以降 3万円分(500円券×20枚×3セット)
有効期限
誕生日から3年間(3歳の誕生日の前日までにご利用ください)
こども医療費助成 市内に住所がある子どもにかかる医療費(保険適用分)の自己負担額を中学3年生まで助成します。
地域包括医療ケア部健康課保健センター
TEL.0763-52-1767

働く子育て世帯を応援します

充実した保育サービス

名称 所在地 乳児保育 延長保育 一時預かり 休日保育 病後児保育
公立 城端さくら保育園 理休240 満3か月から
平みどり保育園 下梨2580 満3か月から      
上平保育園 東赤尾10 満3か月から      
利賀ささゆり保育園 利賀村坂上33 満3か月から      
認定こども園井波にじいろ保育園 山見2000-14 満3か月から
山野保育園 岩屋155 満3か月から    
井口保育園 井口116 満3か月から    
福野ひまわり保育園 百町101-1 満3か月から
福野おひさま保育園 柴田屋209 満3か月から  
福光どんぐり保育園 福光381-1 満3か月から
福光南部あおぞら保育園 小坂694‐8 満3か月から  
福光南部かがやき保育園 荒木1305-1 満3か月から
私立 喜志麻保育園 高宮663 生後8週から
認定こども園福野青葉幼稚園 福野1071 概ね満1歳以上    
認定こども園福光青葉幼稚園 荒木1301-1 概ね満1歳以上    

認定こども園福野青葉幼稚園(TEL.0763-22-2530)及び認定こども園福光青葉幼稚園(TEL.0763-52-1008)については、直接園にお尋ねください。

  • 新しい保育園を整備しました 明るく広々とした園舎や園庭で、のびのびとした保育を実施しています。
  • 延長保育、休日保育、病後児保育など保育サービスの充実を図っています

    利用料

    延長保育
    午後7時まで1回150円(月2,500円を限度)
    ※就労の形態等によっては、他の時間帯でも別に利用料がかかる場合があります。
    休日保育
    1回2,000円(翌週中に代休取得すれば無料)
    病後児保育
    1回2,000円
  • 新制度の保育料も国の基準より低く、県内トップクラスの安さです
    さらに保育料の軽減を実施し、子育て世帯の経済的負担を少なくしています
    ・第3子以降の保育料を無料にしています。
    ・多子世帯の保育料軽減の対象を拡充しています。
    ・三世代同居世帯(同一敷地別棟可)の保育料の軽減を行っています。
    ・移住定住者の保育料を3年間にわたって無料としています。
  • 全保育園で一時預かりを実施しています 一時的な就労や冠婚葬祭、病気のときなど、就園前のお子さんをお預かりします。

教育委員会教育部こども課 TEL.0763-23-2010

放課後児童クラブ
延長保育を利用していた子が小学生になると放課後が心配・・・。そんなお子さんに放課後や長期休業中の遊びと生活の場を提供しています。
教育委員会教育部こども課 TEL.0763-23-2010
ファミリー・サポート・センター
少しの間お子さんを預かってほしいとき、ボランティアによる一時預かり制度があります。
研修を受けた保育サポーターがお子さんをお預かりします。
教育委員会教育部こども課 TEL.0763-23-2010
児童館・児童センター
市内4館で子どもたちに遊びの場を提供し、健やかな体と豊かな心を育てるお手伝いをしています。
教育委員会教育部こども課 TEL.0763-23-2010
放課後子ども教室・土曜学習
平日の放課後や週末・休日に小学校や公民館等を活用して、勉強やスポーツ、文化活動など学ぶ意欲のある子どもたちに活動の場を提供しています。
教育委員会教育部生涯学習スポーツ課 TEL.0763-23-2013
たくさんのスポーツ施設
体育館やグラウンド、テニスコートや温水プールなど市内にはたくさんのスポーツ施設があります。ジュニアの教室もいろいろ開催されており、子どもの可能性を伸ばしています。
教育委員会教育部生涯学習スポーツ課 TEL.0763-23-2013

健やかな育ちのための環境があります

図書館は市内に5館・3図書サービスコーナー
市内には5つの図書館と3つの図書サービスコーナーがあり、市内のどの図書館・サービスコーナーからでも予約・貸出・返却ができるネットワークサービスを行っています。
絵本や児童図書の貸出のほか読み聞かせおはなし会や工作などの楽しいイベントも行っています。土・日・祝日も開館していますので、ご家族でご利用ください。
教育委員会教育部南砺市立中央図書館 TEL.0763-52-0317
幼稚園・保育園児への早期支援や幼保小の連携
早期支援コーディネーターを配置し、小学校の先生と一緒に幼稚園・保育園を訪問するなど、早期からの支援に取り組み、園児が小学校へ安心して就学できるよう取り組んでいます。また、地区相談会では、専門スタッフが教育相談を行い、子育てをサポートしています。
教育委員会教育部教育総務課 TEL.0763-23-2012
ICTを活用した遠隔協働学習の取り組み
市内の6つの小規模な小中学校ではタブレット端末や電子黒板等のICTを利用して遠隔協働学習を行っています。距離の離れた学校同士が交流し、授業の中で他校の子どもと交流しながら意見交換や発表を行うことで、互いを高め合う協働的な学習の場を設け、特色のある教育活動に取り組んでいます。
教育委員会教育部教育総務課 TEL.0763-23-2012
小学校と中学校の連携の推進
中学校区で小学校と中学校が連携し、9年間を見通した指導体制の構築を図っています。小規模校では、小学生が外国語活動や音楽等で中学校の先生の専門的な指導を年間を通して受けるなど、教員が小・中学校を兼務できるよう工夫しています。他の小学校においても、数学や外国語活動で中学校の先生の授業を受ける機会があり、小学校から中学校へ円滑に接続できるよう努めています。
また、学校行事を小学校と中学校で同日開催しているところもあり、子どもたちの交流も盛んです。
教育委員会教育部教育総務課 TEL.0763-23-2012
安心して学習できる教育施設
市内には9つの市立小学校と8つの市立中学校があり、県立高等学校が3校、県立特別支援学校が1校あります。第46回富山県建築賞で入賞した、地元産の木を使ったぬくもりのある上平小学校のような校舎の新築をはじめ、老朽化した校舎の大規模改修工事を順次進めています。市内の児童生徒が安心して学習できる教育環境づくりに努めています。
教育委員会教育部教育総務課 TEL.0763-23-2012

学生の夢を応援します!南砺市奨学資金

南砺市奨学資金 南砺市奨学資金は、市が実施する貸与型の奨学金です。学生が自立して学ぶことを支援するために、学生本人に貸与し、卒業後に学生本人が返還していくものです。 教育委員会教育部
教育総務課
TEL.0763-23-2012
高等学校/高等専門学校
自宅通学 月額1万円以内
自宅外通学 月額3万円以内
専修(専門)学校/短期大学・大学
自宅通学 月額1万円以内
自宅・自宅外通学とも 月額3.5万円以内
※別に定める貸与基準を満たすことが必要です。 毎年3月から4月にかけて申込受付しております。
※返還する奨学金には利息をつけません。
※南砺市奨学資金の貸与を受けた方が、市外から転入して就職した場合、奨学資金支援助成金を交付する制度があります。
教育委員会教育部
教育総務課
TEL.0763-23-2012

健康・予防医療のための支援制度

集団で行っている検診

胸部レントゲン検診
(結核・肺がん)
40歳以上 300円(65歳以上無料) 地域包括医療ケア部
健康課
TEL.0763-23-2027
ヘリカルCT
(肺がん検診)
節目年齢(50・55・60・65・70 歳)
節目外年齢(50~70歳で前年度受診歴がなく、
喫煙指数が600以上の方)
節目  3,300円
節目外 5,800円
39歳以下健診 39歳以下 1,000円
地域包括医療ケア部健康課
TEL.0763-23-2027

医療機関で行っている検診

大腸がん検診 40歳以上 400円 地域包括医療ケア部
健康課
TEL.0763-23-2027
前立腺がん検診 50歳以上 500円
胃疾患リスク検診 節目年齢(40~65歳の5歳刻み) 1,000円
肝炎ウイルス検査 40歳以上で未検査の方 無料
口腔疾患検診 節目年齢(40~80歳の5歳刻み) 無料
地域包括医療ケア部健康課
TEL.0763-23-2027

集団と医療機関の両方で行っている検診

胃がん検診 40歳以上 集団/
バリウム検査:1,200円(節目無料)
節目年齢(40~70歳の5歳刻み)
地域包括医療ケア部
健康課
TEL.0763-23-2027
医療機関/
胃カメラ:4,000円
(節目2,000円)
子宮がん検診 20歳以上 集団/
頸部:1,000円(節目・重点年齢無料)
節目年齢(20~70歳の5歳刻み)
重点年齢(23、28、33、38歳)
医療機関/
頸部:1,700円(節目・重点年齢無料)
頸体部:2,700円(節目・重点年齢1,300円)
乳がん検診 40歳以上
(ただし、2方向は40~49歳のみ)
集団/マンモグラフィー
1方向:1,100円(節目・重点年齢無料)
2方向:2,000円(節目・重点年齢1,000円)
節目年齢(40~70歳の5歳刻み)
重点年齢(43、48歳)
医療機関/マンモグラフィー及び視触診
1方向:1,400円(節目・重点年齢無料)
2方向:2,000円(節目・重点年齢1,000円)
地域包括医療ケア部健康課
TEL.0763-23-2027

がん検診の受けやすい環境づくりに努めています

  • 土曜や日曜にも集団がん検診日を設けたり、医療機関でも検診を受けられるようにしています。
  • 子宮がん、乳がん検診については、節目年齢のほかに重点年齢を設け、節目年齢の方と同じように料金の無料化や減額を行い、検診費用の助成を行っています。

特定健診・特定保健指導による生活習慣病の発症や重症化予防に努めています

  • 40歳~74歳の国民健康保険加入者に実施する特定健診では、市独自でクレアチニン・尿酸の検査を追加して行い、生活習慣病と深く関係している慢性腎臓病(CKD)の早期発見や予防に努めています。
  • 健診後は、個別の健康相談会等を行い、生活習慣病の発症予防の支援をしています。