企業情報

東証2部上場の『電脳共同体(CYBERGEMEINDE)』。
「フレキシビリティに溢れた技術力」で未来を永遠に創り続けるエレクトロニクスメーカー

(株)日本抵抗器製作所

カ)ニホンテイコウキセイサクショ

(株)日本抵抗器製作所

業 種
製造業
事業内容
日本抵抗器製作所(JRM)は電子部品、電子機器の開発・設計から製造、販売までグループで事業展開しているエレクトロニクスメーカーです。
<取扱製品>
電子機器、SMC製品、ハイブリットIC、センサー、センサー複合製品、ポテンショメーター、ヒーター、各種抵抗器
本社所在地
富山県南砺市北野2315
連絡先
TEL 0763-62-1180

会社概要

本社所在地 〒939-1897
富山県南砺市北野2315
連絡先 TEL 0763-62-1180 / FAX 0763-62-2848
担当者 業務管理部長・荒井(あらい)
その他の事業所 ▶︎グループ会社(製造)
・株式会社日本抵抗器大分製作所
〒 872-0044大分県宇佐市大字住江185
・株式会社サンジェニックス
〒 939-1716 富山県南砺市梅原 6317-1
・解亜園 ( 上海 ) 電子製造有限公司
〒 201611 中国上海松江出口加工区茸翔路 8 号標準廠 房第 3,4 棟

▶︎グループ会社(開発)
マイクロジェニックス株式会社
〒 939-1365 富山県砺波市三島町 1-10

▶︎グループ会社(販売)
・日本抵抗器販売株式会社
〒140-0013 東京都品川区南大井3-6-20
<事務所>
東京支店 :〒140-0013 東京都品川区南大井3-6-20
海外部  :〒140-0013 東京都品川区南大井3-6-20
中部営業所:〒440-0882 愛知県豊橋市神明町59-1
大阪支店 :〒531-0072 大阪市北区豊崎3-1-22
大分出張所:〒872-0044 大分県宇佐市大字住江185
・上海日抵抗器貿易有限公司
〒 200233 上海市漕渓路 250 号 銀海大楼 A713 室
・JRM (Thailand) Co., Ltd.
2/3 Moo 14, Bangna Towers A, 2nd Floor, Unit No. 208, Bangna-Trad Rd., KM. 6.5,
Bangkaew, Bangplee, Samutprakarn 10540 Thailand

▶︎グループ会社(管理・統括)
・ジェイ・アール・エム株式会社
〒140-013 東京都品川区南大井 6-20-7
・ジェイアールエム グループ株式会社
〒 939-1861 富山県南砺市城端770
代表者名 木村準(きむら ひとし)
従業員数 472名(2019年12月31日現在 連結)
設立年月日 1943年(昭和18年)5月21日
資本金 724,400,000円
年間売上高 61億79百万円 (2019年12月期 連結)
今後の経営計画 半導体の進化には終わりがありません。
世界では、AIや次世代移動通信システム5Gなどが実用化へ向けて動き出しています。いつでも、どこでも、 誰とでも、何にでもつながる「ユビキタス社会」の実現も間近。私たちは「既存の固定観念にとらわれずフレキシブルに」のスタンスで、新しい世界を創造していきます。
主な取引先 電機・自動車関係各社
ホームページ http://www.jrm.co.jp/

アクセスMAP

【公共交通機関でお越しの方】
・JR城端線「城端(じょうはな)駅」より徒歩10分

【車でお越しの方】
・東海北陸自動車道「福光(ふくみつ)IC」より5分

こんな会社です

私たちJRMグループは、電子機器、高密度実装電子回路、センサー・ポテンショメーター、抵抗器の4つのカテゴリーを中心に、技術革新と競争の激しいエレクトロニクスの世界を80 年以上も生き抜いてきました。
中国に製造工場、タイに販売拠点を持っており、今後さらにグローバル市場へと進出。
これからも、持ち前の「機動力」と「柔軟性(フレキシビリティ)」 をフルに発揮して、お客様の痒い所にまで手の届いたサービスを提供していきます。

主な製品

  • ☆電子機器<br />
<br />
住宅機器、カーエレクトロニクス関連の制御機器、 農電機器、美容健康機器、電源機器、介護用ロボットなど幅広い分野で私たちの電子機器が活躍しています。<br />
<br />
近年では、産業用LED照明の電源装置をOEM開発し、スタジアムやトンネルなどのLED照明へのシフトをサポートしています。

    ☆電子機器

    住宅機器、カーエレクトロニクス関連の制御機器、 農電機器、美容健康機器、電源機器、介護用ロボットなど幅広い分野で私たちの電子機器が活躍しています。

    近年では、産業用LED照明の電源装置をOEM開発し、スタジアムやトンネルなどのLED照明へのシフトをサポートしています。

  • ☆高密度実装電子回路<br />
<br />
電子回路は、電子部品の小型化や基板の集積度向上が目まぐるしく進んでいます。<br />
JRMでは、自動車電装用を中心として小型軽量・高密度・高信頼性など高度化する電子回路のニーズにお応えしています。

    ☆高密度実装電子回路

    電子回路は、電子部品の小型化や基板の集積度向上が目まぐるしく進んでいます。
    JRMでは、自動車電装用を中心として小型軽量・高密度・高信頼性など高度化する電子回路のニーズにお応えしています。

  • ☆センサー・ポテンショメーター<br />
<br />
人の五感に代わる機能として、今後も大きな需要が期待できるのがセンサーです。JRM では温度、湿度、風速、 風量、熱量、光、音、電流、振動、位置などのセンサーを広く開発。<br />
AIの普及に伴い、情報収集の入口としてさらなる用途の広がりが期待されています。

    ☆センサー・ポテンショメーター

    人の五感に代わる機能として、今後も大きな需要が期待できるのがセンサーです。JRM では温度、湿度、風速、 風量、熱量、光、音、電流、振動、位置などのセンサーを広く開発。
    AIの普及に伴い、情報収集の入口としてさらなる用途の広がりが期待されています。

沿 革

昭和10年 日本抵抗器研究所を設立(東京品川区)
昭和18年 有限会社日本抵抗器製作所を富山県城端町に設立
昭和28年 有限会社から株式会社に組織変更
昭和39年 東京証券取引所市場に第2部上場
昭和50年 日本抵抗器販売(株)を設立
昭和53年 電子機器,ソフト・ハードの開発設計部門を開設
昭和55年 ハイブリッドIC部門設置,量産・本格販売を開始
昭和60年 マイクロジェニックス株式会社を設立
昭和62年 導電プラスチックの開発と生産開始
昭和63年 カーボン高寿命摺動センサーの開発
平成6年 3軸電圧加速度センサー開発・販売
平成9年 上海日抵抗器貿易有限公司設立
平成13年 (株)日本抵抗器製作所 ISO 9001認証取得
平成13年 解亜園(上海)電子製造有限公司設立
平成15年 (株)日本抵抗器製作所 ISO 14001認証取得
平成22年 無接触ポテンショメーターの標準品発売開始
平成27年 JRM(Thailand) Co., Ltd.設立

働く先輩の声

  • 働く先輩の声1

    ◎米本(日本抵抗器製作所 品質保証部・入社3年目・工学部卒)

    家電メーカーや電機系メーカーで働きたいと、大学では電気電子工学を学びました。
    現在は技術課に所属し、主に、JRM オリジナルの検査機・治工具の設計と作成 を行なっています。自分自身で考えた設計図や配線図をCADを使って描き出し、設計図通りの形状のものを作成して、回路を組み上げます。
    やはり自分の造った機器が考えた通りに動いた時は嬉しく、やりがいを感じる瞬間です。

  • 働く先輩の声2

    ◎大勝(マイクロジェニックス株式会社 開発部・入社8年目・大学院 理工学教育部卒)

    「研究開発に関わる仕事がしたい」という漠然とした想いがあり、JRMに入社しました。
    回路設計・構造設計・客先との仕様調整・社内工場との試作調整・量産調整…これだけ任せてもらえる裁量の大きさがJRMの魅力です。幅広い分野の技術を駆使しながら、 設計段階からトータルな形で開発に関わっていけるのは、技術者としての財産になる貴重な体験です。

    JRM で私たちと一緒に本物のモノ造り、やってみませんか?

  • 働く先輩の声3

    ◎宮西(日本抵抗器販売株式会社 東京支店営業部・入社6年目・経済学部卒)

    「多くのメーカーへの納品実績があり、『縁の下の力持ち』として社会を支えている会社」だというのが入社の決め手になりました。大学では経済学部でしたが、入社後の研修会や技術者との同行営業で知識を吸収。
    それほど規模の大きい会社ではないので自分の意見を言いやすい雰囲気なのが嬉しいです。