企業情報

自社ブランド「Reclea(レクレア)」も生産拡大中!
糸の選定から製品の包装まで一貫製造のニットメーカーで、
一緒にニットの可能性を引き出しませんか?

(株)スズニット

カ)スズニット

(株)スズニット

業 種
製造業
事業内容
▶︎帽子・婦人、紳士服・ベビー、子供服などニット製品の製造
▶︎自社ブランド「Reclea(レクレア)」の開発・製造
本社所在地
富山県南砺市野尻197-1
連絡先
TEL 0763-22-4128

会社概要

本社所在地 〒939-1502
富山県南砺市野尻197-1
連絡先 TEL 0763-22-4128 / FAX 0763-22-6209
担当者 営業部 角野(カクノ)
代表者名 代表取締役 川邉 清志
従業員数 33名
設立年月日 昭和55(1980) 年 2月
資本金 1500万円
今後の経営計画 自社ブランド商品「Reclea」(レクレア)の開発に力を入れ、医療福祉現場でも使っていただけるような「機能性ニット製品」を世に出していきます。
また、冬季のものと思われがちなニットをインテリア用品に活用するなど、新たな可能性を見出していきます。
主な取引先 主要取引先:スポーツメーカー、アパレルメーカー、商社/販社 など
主要仕入先:アズマ株式会社、三山株式会社、澤田株式会社など ※順不同
ホームページ https://www.suzuknit.org/

アクセスMAP

◆お車でお越しの場合
北陸自動車道    砺波IC     から約10分
東海北陸自動車道  南砺スマートIC から約10分
          福光IC     から約20分

◆電車でお越しの場合
JR城端線「高儀(たかぎ)駅」から徒歩約10分
JR北陸新幹線「新高岡駅」からタクシー約30分

こんな会社です

(株)スズニット

私たちは国産のニット(編み)にこだわり、富山県南砺市に自社工場を持つニット製品の製造メーカー。
ニット製のウェア・小物などの企画から製造までを一貫して対応することができるメーカーは、国内でも数少ないです。

自社ブランドも立ち上げ、ニットのさらなる可能性を見出していきます。

主な製品

  • 〇ニットウェア〇<br />
<br />
セーター、カーディガン、ワンピース・・・<br />
冬に私たちを暖かく包んでくれるニットの服たちを作っているのが私たちスズニットです。<br />
<br />
ニットの製造工程は少なくても10、多ければ15以上。多くのメーカーは主要工程に特化し他は外注していますが、当社は企画から仕上げまで全行程を自社でカバーしています。

    〇ニットウェア〇

    セーター、カーディガン、ワンピース・・・
    冬に私たちを暖かく包んでくれるニットの服たちを作っているのが私たちスズニットです。

    ニットの製造工程は少なくても10、多ければ15以上。多くのメーカーは主要工程に特化し他は外注していますが、当社は企画から仕上げまで全行程を自社でカバーしています。

  • 〇ニット帽子〇<br />
<br />
ウィンタースポーツやゴルフなどに欠かせないニット帽子。最近ではファッションの一部にニット帽子を取り入れる方も増えています。<br />
<br />
主に当社では、百貨店や専門店で取り扱うような「高品質」なニット帽子を製造。<br />
デザイナーさんからいただいたアイディアを一緒に温めながら、お客様に喜んでいただけるようなデザイン・品質に仕上げていきます。

    〇ニット帽子〇

    ウィンタースポーツやゴルフなどに欠かせないニット帽子。最近ではファッションの一部にニット帽子を取り入れる方も増えています。

    主に当社では、百貨店や専門店で取り扱うような「高品質」なニット帽子を製造。
    デザイナーさんからいただいたアイディアを一緒に温めながら、お客様に喜んでいただけるようなデザイン・品質に仕上げていきます。

  • 〇ニット小物〇<br />
<br />
ニットは「冬」のものだと思っていませんか?<br />
確かに、保温性に優れたニットが本領を発揮するのは冬ですが、それ以外にも可能性をたくさん持っているんです。<br />
<br />
例えば、継ぎ目のないニットは敏感肌に優しくフィットします。<br />
抗がん剤治療中に毛が抜けてしまった時や、アトピー性皮膚炎・皮膚掻痒症などの方には当社ブランド「Reclea(レクレア)」がおすすめ。<br />
<br />
タイツやキャップ、レッグウォーマーなどを開発していますが、さらなるラインナップの拡充を目指しています。

    〇ニット小物〇

    ニットは「冬」のものだと思っていませんか?
    確かに、保温性に優れたニットが本領を発揮するのは冬ですが、それ以外にも可能性をたくさん持っているんです。

    例えば、継ぎ目のないニットは敏感肌に優しくフィットします。
    抗がん剤治療中に毛が抜けてしまった時や、アトピー性皮膚炎・皮膚掻痒症などの方には当社ブランド「Reclea(レクレア)」がおすすめ。

    タイツやキャップ、レッグウォーマーなどを開発していますが、さらなるラインナップの拡充を目指しています。

沿 革

昭和52年 創業。スポーツ付属横編加工業として12G.14編機をベースにスタート
昭和55年 法人株式会社スズニット設立。5月に本社社屋建設
昭和60年 小物アクセサリ(帽子)を製造販売
昭和62年 コンピュータ横編機を導入。紳士、婦人服を製造販売
平成3年 コンピュータ横編機を増設。ミシン・リンキング類を本格的に資本設備投資
平成8年 海外生産に進出(フィリピン)
平成9年 香港、中国、台湾、ベトナムに生産進出
平成11年 工場一部増築。全自動水洗機等の機械設備投資
平成12年 有限会社スズルネスを設立(分社化)、スズニット東京営業所を開設
平成15年 有限会社スズルネス新社屋完成
平成17年 東京営業所を閉鎖
平成19年 QRコード管理システムを導入。製品管理を強化
平成23年 「肌にやさしい無縫製ニット商品」が平成23年度第2回富山県トライアル発注制度商品に認定
平成24年 「ホールガーメント機でのプレーティング編成による肌にやさしい無縫製ハイゲージニット商品の製造・販売」が地域産業資源活用事業計画に認定
平成25年 自社ブランド商品「Reclea」(レクレア)の販売を開始

働く先輩の声

  • 働く先輩の声1

    ●長澤吉将(入社20年目・企画営業部長)●

    入社直後は製造を経験し、その後企画部門に異動しました。現在はお客様とやりとりをしながら、アイディアや要望をニット商品として具現化する仕事をしています。
    ニット作りは糸選びから始まります。糸の特性を覚えるだけでも数年かかるのですが、だんだんとお客様のニーズに合ったものを提案できるようになるのが嬉しいです。

    一つの商品を作るのに、短くても2〜3ヶ月、長ければ半年。何十品目の商品を同時進行で開発していきます。一見大変に思えるかもしれませんが、最近はチャットを使ってデザイナーさんとやりとりをするなど、便利なツールが増えてきたので働きやすくなってきました。

    自社ブランド「Reclea(レクレア)」を開発したことが、一番の思い出です。これからも固定概念にとらわれない商品の開発に取り組んでいきたいです。

  • 働く先輩の声2

    ●角野吉幸(入社1年目・営業/経営・IT業界からの転職)●

    実は入社してまだ数ヶ月の私ですが、ニット初心者だからこそ、ニットの可能性を引き出せるのではないかと、いろいろとアイディア出しをしています。
    主力商品をスポーツからベビーに移行するなど、時代の流れとともに変化してきたスズニット。「変わること」を厭わない社風に惹かれ転職を決意しました。

    以前はIT業界でエンジニアとして働いており、企業の情報発信にも関わっていました。まだまだ”ニット初心者”ですが、ユーザーに寄り添い、ニットのすごさを発信していけるよう、社内社外に働きかけていきたいです。

  • 働く先輩の声3

    ●東 恵生(入社24年・編み立て・同業他社からの転職)●

    入社してから営業企画で仕事をしていましたが、お客様との商談で「まだ私はニットのことを全然知らない」と痛感し、志願して「編み立て」に異動させてもらいました。
    「編み立て」は企画部が作ったシュミレーションデータに基づき、糸から製品を作り上げる仕事。ニットの奥深さを知ることができる仕事です。

    「ニット」と「会社」ってとても似ていると思うんです。ニット製品を解くと、途切れることなく1本の糸に戻ります。そんな風に、会社でも人が繋がっていろいろな役割を担い、一つのものを作り上げるでしょう?誰かが手を抜くとほつれに繋がるし、一人ひとりが丁寧な仕事をすれば素敵なものが出来上がります。

    昔はリッチアイテムだったニットも、現在ではカジュアルなものになりました。一人でも多くの方に私たちが作ったニット製品が届くと嬉しいです。